庄内町の余目駅周辺に行ってみました

あまるめ駅

「余目駅」って初めて見た時は読めなかったんですけど遊びに行った後の今なら余裕で読めます。

そんな余目駅のあたりにちょっと寄ってみました。

(訪問時期:2017年11月)

駅の良い雰囲気

まずは遠くからも良く見える、黄色の「余目駅」の文字。

駅舎の横の方を見ると、なにやらホームと跨線橋がいい雰囲気を醸し出してみました。

思わずその雰囲気に写真を撮ってしまったのですが、こちらの駅は映画「おくりびと」のロケ地にもなったとのこと。

ロケ地になるだけのポテンシャルを感じます。

駅周辺はこんな感じです。

 

駅舎の中には、カフェ兼お土産屋さんといったお店もあり、こちらも雰囲気が良かったです。

なんというか旅に来ているような気がします。

庄内町新産業創造館クラッセ

そんな余目駅の目の前には「クラッセ」という観光スポットがありました。

こちらには、レストラン「やくけっちゃーの」や、なんでもバザール「あっでば」というお店が入っています。

私たちが行ったのは、パン屋さん「余目製パン」です。

こちらでは、そこでいただけるカフェスペースもありました。

多くのメニューがあり、迷いながらもパンをいくつか購入。

おいしかったです。

ぜひ、家の近くでも販売してほしいところ。

しょうゆの実

お土産に「しょうゆの実」というものを買ってみました。

地元の「ハナブサ醤油」というお店で作っているものです。

 

 

その日、家で早速ご飯に乗せていただいてみました。

お皿に出してみると味噌かな?という感じをしましたが、いただいてみると確かに醤油。
ご飯によく合います。

特にダシで煮た大根に乗せてみたらこれがまた最高!おすすめです。

 

そのほか、クラッセ内には水槽があり、こちらには「庄内金魚」が泳いでいました。

 

余目駅周辺は静かなところではありますが、駅には人も多くいましたし、全体的にオシャレというか良い雰囲気のところだなと思いました。

(Yoshi)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − ten =