道の駅「白い森おぐに」でおいしいものいただきました

白くなる前に……

山形県の南西、新潟県と接している小国町に行ってきました。

こちらには、新潟県へつながる道の途中に道の駅「白い森おぐに」があります。

初めての道なので、雪が降って「白い森」になる前に行ってみた次第です。

(訪問時期:2017年10月)

まだ割と「緑の森」でした

10月も末のだいぶ肌寒くなってきたこの日、山は紅葉もしているかなと思いましたが意外にも小国町周辺は緑が多めでした。これからですね。

道の駅に到着

そんな道を通って、道の駅につきました。

こちらには総合案内として周囲の温泉などのをはじめとする観光地が載った看板がありました。

山が実際に隆起している3Dな看板でおもしろいです。

 

おいしいものをいただく

さて、こちらは「ぶな茶屋」。

他の道の駅と同じく、産直コーナーやお食事処があります。

まず、私たちが香りに誘われて行ってしまったのがアユの塩焼き。

なかなか肉厚のあゆで食べ応えもあっておいしかったです。

なにやら以前のイベントのチラシがお皿代わりに出てきましたけど、こういうところもなんかいいです。

 

つづいて、お食事処の方へ。

こちらでは、ラーメンやそば、丼ぶりものなどを頼めるのはもちろんですが……、

好きなおかずを選ぶというスタイルもありました。

これがまた、迷うこと迷うこと。

おいしそうなハンバーグなどなどあったのですが、ここはちょっと地元のお料理にしてみました。

焼きおにぎりに、芋煮、それにアケビの皮の粕漬です。(お茶はサービス)

ちょっとヘルシーな感じにまとまりましたが、これで300円ちょっと。

そしてこちらも同様なスタイルで300円ちょっと。

アケビの皮の粕漬って初めて食べましたが、苦み渋みのような味が効いていていい感じです。量もちょうどよい。

また、芋煮は安いのにしっかりとしたボリューム感もあるし、焼きおにぎりも相まってうまさ倍増。満足感が得られました。

食べながら外を見ると森。

果たして冬はどんな白い森になるのでしょうか。

(Yoshi)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + seventeen =