大江町健康温泉館(テルメ柏陵)に行ってきました

大江町へ

大江町には「道の駅おおえ」があるのですがそのすぐ裏に「大江町健康温泉館」という温泉があります。

位置としては、寒河江市のゆ~チェリー中山町のゆ・ら・らに近いところにあります。

他にも朝日町のりんご温泉なども同じ道沿いにあったりするのですが、やっぱり山形県は温泉が多いですね~

 

今回の「大江町健康温泉館」の近くにはテニスコートなどがあり、その一帯が「テルメ柏陵」という名前になっています。

道路の看板も「テルメ柏陵」で出ているところが多かったと思います。

(訪問時期:2017年10月)

到着

こちらの温泉は、「舟唄温泉」とも呼ばれるようです。

駐車場には源泉の碑というものも。

こちらが健康温泉館の建物です。

三角の屋根が特徴的ですね。

 

横には、「小鵜飼舟」という船があっておもしろいです。

また、歩いて観光できる(「フットパス」と言うとのこと)ように地図もありました。

それでは中へ

早速入ってみると、まずは産直のような野菜等の販売コーナーがあります。

その後券を買ってカウンターを越えると、温泉への廊下があります。

なんとも、温泉旅館に来たかのような雰囲気。

泊っているわけでないのに、宿泊旅行している気がしました。

温泉に入りました

というわけで、温泉に入りました。

こちらは硫黄の香りのするお湯です。

ただ、その香りにはまろやかさのようなものを感じました。常に香りがするんですけど、きついというところまでいかないというか。

 

また、面白いのはお湯の色で、その日によって、エメラルドグリーン、乳白色、透明に変わるとのこと。

この日は乳白色でしたが、他の色も見てみたいものです。

なお、こちらの温泉も内湯は普通の温度と熱い温度の2種類あります。

露天風呂も、これまでいった温泉と比べるとちょっと湯船が小さめですがあって、こちらも硫黄が良い香りでした。

温泉から出たらこれ!

さて、温泉で気持ちよく温まった後は売店である温泉卵がおみやげによさそうです。

っていうか硫黄の香りをかいでいると温泉卵食べたくなるんですよね。

こちらは3個で100円というお得感もあるお値段。

他にも、生卵が10個パックや1kg単位で売られていました。卵がよく作られているみたいです。

 

 

それと、温泉の入り口に小さな小屋があるんですけど(上の写真にもチラリと)、こちらでは煮卵や玉こんにゃくが販売していました。

煮卵50円とかという破格のお値段でしたが、お勧めは「ミックス」かなと思います。

卵1個と、玉こんにゃく2個で100円!

これはつい食べてしまいますね。よく味が染みていておいしかったです。

なお、土日祝営業とあったのでそこは注意ですね。

 

この日はとてもいい天気でした。

ここは北、東、南を最上川に囲まれたような地形になっていることもあってとても静かな場所でした。

また来てみたいです。

(Yoshi)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =