しっかりとしたお湯の「りんご温泉」に行ってきました

温泉を探して

どこかいい温泉はないかな~とタオルを持ってドライブしていたところ、朝日町で「りんご温泉」という温泉の看板や旗が目に入ってきました。

朝日町はりんご推しのようで、そのりんごが名前についた温泉とは果たしてどんな温泉なのか気になったこともあり行ってみました。

(訪問時期:2017年9月)

山のふもとといった感じ

りんご温泉は、ほぼ国道287号沿いといった場所にあって、車でちょっとだけ坂を上ったところにあります。

道を上ると、まずは駐車場につきました。

本館入口への看板がありました。

駐車場に面したところには、「りんご温泉直売所」なる建物もありました。

この日は閉まっていたようですので、入り口の方へ直行しました。

 

温泉の建物は少しレトロさを感じる落ち着いた雰囲気。

茶色がいい雰囲気を醸し出しています。

 

本館入口まで付きましたが、露天風呂については別の建物に分かれているようでさらにこの上の方へ向かう必要があるようでした。

今回はとりあえず内湯の方に入ってみます。

本館に入る

さて、本館に入ってみるとこれまた木造のゆったりとした雰囲気。

それでいて落ち着きと綺麗さを感じる空間でした。

いざ入湯

そんなわけで、温泉に入ってみました。

脱衣所を抜けて温泉への扉を開けると、前面が大きなガラス張りになっていました。
この温泉がちょっと高い位置にあるためにとても見晴らしが良く、緑たっぷりの開放的な眺めです。

お湯のほうですが、りんご温泉というだけあって、リンゴが15個ほど浮いていました。

ではリンゴの香りがしたりするのかというと、こちらの温泉はとてもしっかりとしたお湯で、なんというかゴムというか、コールタール系というかそういった香りがしています。

アルカリ性のお湯ということもあって、体もヌルヌルスベスベしてきます。

 

お湯から出た後も保温効果がすごいようで、しばらくポカポカでした。

久しぶりの濃い温泉でした。

休憩室の実家感

脱衣所を出てすぐに休憩室(無料)があります。

こちらがいい感じに広くて、テーブルやテレビなどがあるのですが、寝っ転がっている人もいてなんというか一言でいうと実家のような落ち着き。
いや、おじいちゃんかおばあちゃんの家、と言ったほうが適切かもしれない……。

この休憩室もなんかゆっくりできて、温泉の続きといった印象を受けました。

 

あと気になったのはくっついているレストランです。

メニューを見ると、ワンコイン500円で食べられるメニューも豊富。

「だちょうのハム」などの気になるメニューも。

家の近くにあったらちょくちょく行くことになるであろう、なんとも良い感じの温泉でした。

なお、当日は何らかの集まりがあったようで、このレストラン付近ではカラオケが聞こえてきていました。
温泉旅館のような雰囲気が出てきてこれもまた良かったです。

(Yoshi)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + three =