日帰り温泉の天童最上川温泉「ゆぴあ」で良い気持ち

ゆったりとした日帰り温泉

天童市の最上川近くに「ゆぴあ」という日帰り温泉施設があります。

こちらは天童市市民保養施設とありますが、山形県はあちこちの市町村で温泉施設を作ってくれているようです。
私はこちらの温泉が好きで何度か利用しています。
(訪問時期:2017年8月ほか)

田畑の中に

天童市の街をほんの少しはずれた田畑の中にゆぴあの看板が出てきます。

そしてその先すぐにゆぴあ本体が。

 

周りには、さくらんぼやラフランスなどを作っていそうな畑が……。
秋のフルーツも楽しみになります。

さすが天童市

ということで、入り口には天童市といえばこれ、ということで特大の将棋の駒があります。さすが。

なお、左右逆に書かれた馬は縁起の良いものであるとのこと。(理由については諸説あるようです。)

中に入ると、食堂や名産品などを買える場所もあり、風呂上がりに休憩できるようなロビーもあるのですが全体的に天井も高く、広くて、温泉に入る前から気持ちが良いのです。

 

また、ロビー近くにはそれぞれの駒が積み木のような大きさの将棋(テレビで解説するときに使うようなアレを立体化したかのような大きさ)もあって、2人で指すこともできるようになっています。

いざ、入湯

さて、お風呂のほうはと言いますと、こちらも大きめのゆとりがあるお風呂です。

たっぷりのお湯が流れていて、温度も違うメインの湯船は2つあるのですが、さらにそれらと同じくらいのサイズの露天風呂もあって開放感が大変気持ちいいです。

お風呂から最上川が見えたり……ということまではないですが、とにかく十分に気持ちよいのでおすすめです。
(Yoshi)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 6 =