無料で楽しめる歴史的建造物、文翔館

国の重要文化財だそうです

山形市の町中で、そのレトロさから独特の雰囲気を持つ文翔館。

いろいろなイベントが行われていて、いつも気になっていたスポットでした。


ちょっと時間が空いたときがあったので、どんな場所か見てみたくて立ち寄ってみました。
(訪問時期:2017年5月)

文翔館とは

文翔館は大正5年に建てられていて、大正初期の洋風建築を代表する貴重な建物となっているということです。
何度か補修工事された後、山形県の郷土館として一般に公開されています。
映画の撮影などにも度々使用されているようです。

そんな歴史が深い建物ですが、無料で中に入って自由に見学することができます。
そして希望があればボランティアの人が案内してくれるということ。
ちょっと気になりましたが、ひとまず今回は自分たちだけで回ってみることにしました。

歴史を感じる建物

すみずみまでなかなかないレトロな雰囲気があります。
なかなかこういう建物をじっくり見ることがないので、興味深いなと思いました。

中では山形の歴史などにまつわる展示もあり、無料ではありますが長い時間楽しめます。

私が訪問した時期は春でしたが、それでも少し蒸し暑さを感る場所もありました。
そのへんは古い建物ですのでしょうがないかもしれませんね。
(Rinrin)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 16 =