山寺芭蕉記念館付近の景色がなかなか良かった

閑さや岩にしみ入る蝉の声

松尾芭蕉の俳句で有名な山寺。
どんなところなのかなと思っていました。
その名前から結構な山奥にあるものと勘違いしていましたが、意外にも山形駅からは車で30分ほどで行けるという近場のスポットでした。
(訪問時期:2017年3月)

景色が素晴らしい

山寺と言えば、まさに芭蕉が俳句を詠んだ立石寺という、山に沿って建っているお寺がメインかと思います。
階段で上へ上へと昇っていくお寺です。

ただ今回は、まずはちょっとどんなところなのか見てみようという気持ちで山寺に行ってみたのでそちらには向かわず、山寺芭蕉記念館の方へ行きました。

そこから立石寺方面を望んだのが、こちらです。

これがまた山と街並み、そして手前の線路と川といった全体の雰囲気が非常によく、なんとも見事な景色でした。

うん、なんか個人的にいい写真が撮れたなぁ。

立石寺も上まで行って眺めたらなかなかの展望が期待できそうです。
たぶん気持ちいいと思います。

確かに静かだったかも

さて、松尾芭蕉記念館の周辺もなかなかに静かなエリアでした。

ちょっと雪も残っている季節に行ったというのもあると思いますが、やはり山寺は全体的に独特な雰囲気を感じました。
山形市、天童市に近いということもあって比較的気軽に行けるので、今度は階段をのぼってみたいなと思います。
(Yoshi)

追記

階段を上ってみました。
「閑さや岩にしみ入る……」山寺に再訪問!立石寺の階段を登ってきました

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + twenty =